ジムができるまで⑥

盛岡にもスポーツクラブやジムは数多いが「筋トレをちゃんと教えてくれるところ」は、実はない。

器具の使い方を教えてくれる人はいても、筋トレそのものを教えてくれる人がいない。

ダイエットのため、高齢者のため、スポーツのため、といった目的別のものなら、なくもない。

けれど、自分の身体を、自分で思った風に変えるための知識と技術を教えてくれる「筋トレ教室」はまだない。

筋トレは、ほんとうは広くて深くて面白い

ピタピタの黒い服を着て薄暗いジムに通うだけが筋トレではない。

お年を召したからといって、年寄り臭い健康体操をしなければいけない理由はない。

スポーツをしているからといって、意味ありげなエクササイズだけをする必要もない。

力や筋肉を見せびらかすだけが能じゃない。

つくられた流行によって、筋トレが珍奇な風俗に成り下がっている現状には閉口する。

筋トレとはなにか

筋トレの基本はギリシャ時代から変わらない。

重りを挙げて、力を増やすこと。

増やした力で、それまで触れることのできなかった果実を手にすること。

それは快適な生活だったり、美しい外見だったり、それまでにない速さや強さだったり。

それが筋トレというものの本姿であったはずだ。

「筋トレをちゃんと教えてくれるところ」であるために

ヨンデージムは、他にはない「筋トレをちゃんと教えてくれるところ」をめざす。

筋トレに興味を持った人が最初に頭に思い浮かべるものがこのジムになるように。

そのために、どこよりも知識と技術を貪欲に追求することを自ら銘記しなければならない。